皆さん、ドラム持ち運んでますか?

今日は天王町オレカンにて、エハラさん企画に出演してまいりました。

XpIx_Rfb
気が付いたら1年が経過していたヒロコ&コレステロールズです。

いやはや1年というのは早いもので、それでいてバンドが1年しっかり継続してライブやレコーディングをするのは思った以上に大変ですよね。


さて、何は無くとも今回の反省点です。
2Xp89SDk
オレカンにはドラムが常設されていますが、それでも愛用の16インチバスドラムを持ち込みました。

なるべくどの現場でも自前機材を使っていきたいですね。
本当に自前機材が無いとダメな男なので…

持ち込んだ機材はスネア、ハイハット、バスドラム、自作リフターの三点。
イス、キックペダル、ハイハットペダル、スネアスタンドはお店のものをお借りしました。

今回初めて「バスドラム」と「自作のバスドラムリフター」を持ち込んで、お店のペダルを使用するというのをやってみました。

自作リフター関連の記事はこちら参照
http://884drum.blog.jp/archives/10960133.html

それに伴い、子供用ドラムタムホルダーを使ったバスドラムレッグの記事
http://884drum.blog.jp/archives/10960726.html


キックペダルはよほど特殊なものでなければ何とかなるだろう的な考えで臨みましたが、問題無く何とかなりました。

がしかし、1、2曲目で悲劇が。
バスドラムレッグの左足が折れて、バスドラ自体が傾いてしまう事態。
正確にはレッグが回転してしまって支える事ができなくなってしまっていました。

これはいかんとすぐに修正するも、2曲とも終わり際にバスドラ無し状態が続きました。

原因としては、おそらくレッグの関節部分の曲げ過ぎではないかといった所。
90v2au2r
これは組んですぐに撮った写真。

レッグが5時の方向を指していますね。

この日の演奏では左足が3時の方向に向いており、本来バスドラムとの接続部分と間接部分の2箇所で支えなければならない所を、バスドラムの接続部分に一気に負担がかかってしまったのが一番の原因かと思われます。

この自作バスドラムレッグを使い始めてまだ数回ではありますが、それでも七夕祭りや名古屋セッションの時は何も問題無く叩けてたんですよね。

今回の様に、失敗して初めて「これはやってはいけなかったんだな」っていうのが分かるのは貴重な経験として次回以降に活かしたいと思います。

以前も書きましたが、自分が使用しているのは持ち運びドラムではあっても「待ち運び専用ドラム」ではありません。

あくまでも「マイドラムセット」であり、そこに持ち運びも可能という特徴が付いているだけです。
常設ドラムがあってもなくても、今後も様々な現場で使い続けるつもりです。

何度も何度も使用していき、欠点があれば修正したり、改良していかなければなりません。
使用する機会は多ければ多いほど経験として活きます。
大事な場面で失敗する可能性も減らせるでしょう。

そういう失敗も含めて、自前機材は積極的に実践投入していくべきと思いました。
大事に暖めて、いざ実践に臨んだところで、調整や使用感に慣れていなかったら元も子もありませんからね。

諸事情により、9月のライブはこれにて終了です。
来月以降はまた楽しいお祭りやコラボ演奏が控えているので、楽しみです。

もちろん、旅ドラムやドラム集会シリーズもどんどん続けていきますので、応援よろしくお願いいたします。
遊びたい人はいつでも遊びましょう!


ブログランキングに参加しています。
面白かったり今後も読みたいと思って頂けたらクリックしてみてください♪