皆さん、ドラム持ち運んでますか?


今日は自分が愛用しているカイシャという楽器を紹介してみます。
DiNMuVrV4AANpUW


当ブログを以前から読んでくださっている方にはもうおなじみですね。

スネアの代わりに使用しているカイシャという楽器。
サンバ隊が使用している、スネアに似た楽器です。

厳密に言えばスネアではありません。

ですが、厳密に言わなければスネアともいえます。
現に、ブラジルではスネアをカイシャと呼びます。

ややこしい楽器ですね。

そのややこしさは、カイシャが生まれた背景にあります。


もともとサンバでもマーチングスネアドラムを使用していたのですが、当時非常に高価で、軍隊や消防隊所属のマーチングバンドからわざわざ借りていました。

いつまでも借りるわけにもいかず、しかしスネアを買いそろえるとお金がかかる。

そんな時にアルミ材を用いて簡易的なスネアとして作られて、生まれたのがカイシャです。
(諸説あります)

この特徴は今でも微妙に受け継がれていて、非常に軽くて扱いやすく、また値段もスネアに比べてかなり安いです。
自分が使っているものは1万円ほどで買えます。

ドラマーでも馴染みのあるメーカーからも出ているので、軽いスネアを求めている方、サブスネアにちょっと欲しいかな、という方。
この機会に手を出してみると面白いかもしれませんね。

こちらはLP(ラテンパーカッション)製のカイシャ。
自分が使用しているものです。

12インチながら7インチという深いシェルから、軽快なサウンドが飛び出ます。
最高に気持ち良いです。


こちらはマイネル製。
シンバルもマイネルならば、スネアもマイネルで統一なんてしてみたくなりません?
カイシャなら可能です笑

動画のものはトラディショナルカイシャなのでスナッピーが打面についていますが、最近はスネアと同じくボトム側にスナッピーが張られたものも作られています。


時は流れ現代。

ドラムセットがポピュラー音楽に欠かせない存在になり、スネアドラムも誰でも買い求められる時代になりました。

スネアドラムが安価で買えるようになると、今度はカイシャの方が珍しい存在になり、今ではカイシャの代わりにスネアを使うサンバチームも存在します。

スネアドラムの代わりに作られたカイシャの代わりにスネアドラムを使う、という逆転現象が起きてしまっているわけですね。

なんだか面白い話です。

それでは今日はこの辺で!



ブログランキングに参加しています。
面白かったり今後も読みたいと思って頂けたらクリックしてみてください♪